スポンサードリンク

FGFの治療法と効果

FGF(Fibroblast Growth Factor)は「線維芽細胞増殖因子」と呼ばれています。 あまり聞きなれない言葉ですが、もともと体内にあるものです。 加齢などによって、肌のハリの衰えやキメ密度の低下、肌の働きが低下してしますために起こります。 FGFは肌の本来の力を引き出すのに、必要不可欠な細胞増殖因子なのです。

このFGFの1つである、FGF-1が美容液に配合されています。 FGF治療と呼ばれる治療法では、この線維芽細胞増殖因子を肌に注射してにきび跡の凹みを盛り上げていきます。 このFGF治療では、にきび跡の凹みに働きかけていきますので非常に効果的です。

FGF治療でにきび跡を解消

FGF治療では、凸凹のニキビ跡の解消に非常に効果的な治療法です。 今までのケミカルピーリング、イオン導入では色素沈着のニキビ跡には効果がありました。 しかし凸凹のニキビ跡にはほとんど効果があまり高くありませんでした。

FGF(線維芽細胞増殖因子)を使用していくことで、凸凹のにきび跡を滑らかな肌へにしていきます。 FGFの治療はどのような感じなのでしょうか。 CO2レーザーでにきび跡の周囲の堤防部分を滑らかにしていきます。 CO2レーザーは、組織の中の水分に吸収されて熱を出して蒸散させる効果があるのです。 浅いニキビ跡の症状であれば、これだけで目立たなくなりますね。

深いにきび跡の場合では、CO2レーザー照射後に円形のなだらかなへこみになります。 この残ったへこみ部分にコラーゲンを増生させるために、FGFを塗布していくのです。 この因子が自然なコラーゲンの増生を生じさせていき、にきび跡を平らにしていきます。 治療は1回でかなり盛り上がるみたいです。治療後1〜2週間後あたりになってくると実感がでてきます。。 治療後は赤く腫れた状態が続きます。だいたい約3ヶ月〜半年で赤みはとれると言われています。

FGF治療のメリット・デメリットについて

にきび跡の凸凹(クレーター)の症状は治療が困難になります。 FGF治療では、にきび跡の深いへこみ部分に細胞を増殖させる (FGF=Fibroblast Growth Factor/線維芽細胞増殖因子)を利用して、 にきび前のような滑らかな肌にしていく治療方法になります。

FGFとは線維芽細胞増殖因子のことです。 ヒアルロン酸のように吸収されず、 もともと人間の体内で生成される因子です。害はありませんので治療後でもずっと滑らかな肌が持続します。

しかし、メリットだけでなく、デメリットがあります。 炭酸ガスレーザー治療後のダウンタイムの期間の長さになります。 個人差や患者さんの症状の程度によっても効果や治療後の経過には差がでてきます。 FGFの治療を受ける際にはきちんと医師とカウンセリングをきっちりと行ってから受けるようにしてください。

スポンサードリンク
このページのトップへ
イオン導入の効果
フォトフェイシャル 治療法
IP2Lの治療法と効果
IPL治療とフォトフェイシャル治療
サーマークルの治療法と効果
炭酸ガスレーザー治療
アレキサンドライトレーザーの治療
ボトックス注射の効果と副作用
ほくろ除去はレーザー治療
ほくろ取りのレーザー治療
フラッシュ光線治療と効果
顔のしみとり レーザー治療
しみ レーザー治療
塗るボトックスの効果
ニキビのレーザー治療
アファームレーザーとフラクショナルレーザー
にきび跡のクレーター治療法と種類
キュリアレーザー治療と効果
FGFの治療法と効果
フォトリバースの治療法
フラクセル治療の効果
にきび跡のクレーターの症状と治療法
クリアタッチでニキビ治療
にきび跡のクレーターの治療法
フォトRFの治療
サイトンレーザー ニキビ跡の治療
Vビームレーザー治療と効果
AHAピーリング治療と効果
ダブルピーリング治療の効果
ダイヤモンドピーリング治療
ケミカルピーリング治療の効果
クリスタルピーリング治療と効果
プラグピーリング治療法と効果
レチンAの効果
レーザーピーリングの治療法
サリチル酸マクロゴールピーリング治療法
TCAピーリング治療と効果
ウォーターピーリングの治療法と効果
浅層脂肪吸引法の治療
新型の脂肪溶解注射の治療
カーボメッドの炭酸ガス治療の効果
脂肪吸引の仕組みと料金
メソセラピーの治療法の効果・料金!
脂肪溶解注射のモニター
脂肪吸引の失敗
ボトックス注射 多汗症
多汗症の治療と手術
RSSリーダに登録する
RSD / RSS 2.0 / ATOM