スポンサードリンク

鼻翼縮小の鼻整形

鼻翼縮小治療についてご紹介していきます。簡単に説明すると小鼻を縮小する治療です。 主に鼻の広がり大きくて悩んでいる方、鼻の穴が大きくて気にしている方にとて適している美容整形手術になります。 鼻翼縮小には内測法と外測法、種類があります。 どちらもまずは小鼻両側の付け根を切開。次に鼻翼軟骨の一部を切除して縫い縮めます。

内測法は鼻の内側を、外測法は外側から切開します。気になる傷跡ですが、小鼻の付け根を切開するので傷は目立ちません。 どちらも治療も30分くらいの時間で終了します。治療後のダウンタイムですが 切開しましたので約1週間くらいは腫れの症状が続くと思います。

抜糸をしましたら一ヶ月もしないうちに傷はきれいになります。美容外科やクリニック、個人の鼻の症状により ダウンタイムは長く続く場合があります。治療を受ける前に、カウンセリングをしっかりと行い治療のメリット・デメリット を把握するようにしましょう。

鼻翼縮小の美容整形手術は短時間、30分〜1時間くらいで終了します。 痛みが出ることは少ないようです。それでも痛みが気になるようであれば、医師に処方を施してもらいましょう。 抜糸は一週間程度で可能となるようです。

治療の種類、内側と外側のどちらの手術が適しているか医師とカウンセリングを行うことが大切です。 個人個人の鼻の症状は違います。医師と入念に話し合い、納得してから治療を受けるようにしましょう。

鼻翼縮小の種類について

鼻翼縮小治療は鼻の穴が大きくて悩んでいたり、鼻の穴が外から見えてしまい気になっている。 このような方に対して効果的な美容整形手術になります。

では、具体的な手術はどのようにして行われるのでしょうか。 まず始めに、鼻の両側の付け根を数ミリ切除するところからはじまります。 鼻の手術は外側から切除する方法・内側から切除する方法の二つの種類があります。

手術費は約20万円以下や20万円以上になる美容外科やクリニックがあります。 個人の鼻の程度や症状など、クリニックによっても料金は異なります。 大切な事は手術費だけではありません。自分の症状を適切に治療してくれる。医師の技術力が安心 アフターケアの心配がいらない。いろいろな状況を考慮してカウンセリングを繰り返すことが大事です。

内側から手術をすると傷は見えません。しかし、外側からの手術では抜糸するまでは傷が見えます。 治療後、ある程度時間が経てば傷が目立たなくなります。傷が完全に消えるわけではありません。

鼻翼縮小の治療後は

鼻翼縮小内側法は、内側・外側の2種類あります。患者さんに適した治療法を選択します。 軽く治療を施す場合は鼻翼縮小内側法になります。大幅にするのが鼻翼縮小外内側法の治療が行われます。

鼻翼縮小外側法は、正面から見た時の鼻の大きさを小さくする方法です。 鼻翼縮小外側法は形状を維持できますが、ループ縫合・サークル縫合によっては戻る場合があります。

スポンサードリンク
このページのトップへ
まぶたの脂肪除去の治療法
眼瞼下垂の原因や治療法など
イオン導入の効果
フォトフェイシャル 治療法
IP2Lの治療法と効果
IPL治療とフォトフェイシャル治療
サーマークルの治療法と効果
炭酸ガスレーザー治療
アレキサンドライトレーザーの治療
ボトックス注射の効果と副作用
ほくろ除去はレーザー治療
ほくろ取りのレーザー治療
フラッシュ光線治療と効果
顔のしみとり レーザー治療
しみ レーザー治療
塗るボトックスの効果
ニキビのレーザー治療
アファームレーザーとフラクショナルレーザー
にきび跡のクレーター治療法と種類
キュリアレーザー治療と効果
FGFの治療法と効果
フォトリバースの治療法
フラクセル治療の効果
にきび跡のクレーターの症状と治療法
クリアタッチでニキビ治療
にきび跡のクレーターの治療法
フォトRFの治療
サイトンレーザー ニキビ跡の治療
Vビームレーザー治療と効果
AHAピーリング治療と効果
ダブルピーリング治療の効果
ダイヤモンドピーリング治療
ケミカルピーリング治療の効果
クリスタルピーリング治療と効果
プラグピーリング治療法と効果
レチンAの効果
レーザーピーリングの治療法
サリチル酸マクロゴールピーリング治療法
TCAピーリング治療と効果
ウォーターピーリングの治療法と効果
浅層脂肪吸引法の治療
新型の脂肪溶解注射の治療
カーボメッドの炭酸ガス治療の効果
脂肪吸引の仕組みと料金
メソセラピーの治療法の効果・料金!
脂肪溶解注射のモニター
脂肪吸引の失敗
ボトックス注射 多汗症
多汗症の治療と手術
陥没乳頭の治療
豊胸手術のヒアルロン酸注入
RSSリーダに登録する
RSD / RSS 2.0 / ATOM