スポンサードリンク

ほくろ除去はレーザー治療

前までは、ほくろの除去はメスや電気メスで治療を施していました。 現在では、ほくろはレーザーで簡単に除去することが可能です。 ほくろ除去はメスを使用して切除するよりも、レーザー治療を施した方が傷跡が目立ちませんし、 仕上がりもきれいになります。患者さんのほくろの症状や程度により治療法も異なります。

皮膚科や。美容クリニックなどで、ほくろを除去する方法はメスを使用した外科手術での治療、、 レーザーを使用した治療など、この他にもさまざまな治療法があります。 ほくろ除去の方法については、患者さん肌の状態や形状、大きさなどにより変わります。 そのため、適切な治療方法は一人・一人に合わせた適切な治療を施します。 ほくろの治療法により、治療後のダウンタイム、傷跡の状態や治癒までの期間が異なります。

メスを使用した治療法、「切除縫合法」のケースでは、 ほくろを除去した後の部位が赤い症状が現れたり、 除去した周りの皮膚が硬くなったりすることがあります。長くは続きませんが、約3ヶ月くらいの時間がかかると言われています。 ほくろの除去の後のアフターケおろそかにしてはいけません。 目立たなくなるはずの傷跡が残ってしまう場合があります。

ほくろ除去の治療後に気をつけなければいけないことは、紫外線対策です。 特に夏の季節は気をつけなければなりません。 放置しておくと術部に色素沈着が起こり、シミの原因になります。 治療後に肌が赤みを帯びたり、黒ずみなどの症状が起きるのは手術によ刺激が原因です。

人により、個人差がありますが、数週間から数ヶ月もすれば目立たなくなります。 しかし、治療後のアフターケア不足による肌トラブルは簡単に元には戻らなくなる場合があります。 美容クリニックや皮膚科で治療を受ける前には、しっかりとカウンセリングを受けて治療のメリット・デメリット を把握することが大切になります。

炭酸ガスレーザーとQスイッチヤグレーザーについて

ほくろ除去し使用するレーザーはさまざまです。 皮膚への負担が少なく治療後の傷跡も小さくてすむので人気があります。 また、治療後にあまり目立たないのでほくろをレーザーで除去する方が増えてきています。 中でも皮膚科では、炭酸ガスレーザーと治療法でほくろを除去していきます。

炭酸ガスレーザーによる照射を行ます。その後に、メラニン色素のみに反応するレーザーで残ったほくろ細胞を焼いていきます。 このレーザーは、正常な皮膚細胞には影響しませんので心配はいりません。 炭酸ガスレーザー治療法を簡単に説明をすると、皮膚の表面にあるほくろの色素細胞をレーザー照射の熱で破壊し治療します。 治療時間は短時間になります。治療前には、ほくろの部位に局所麻酔をするので痛みはほとんどありません。

治療後の処置としては肌と同じ色の目立たない小さなテープを貼るだけになります。 紫外線による色素沈着からシミができるのを防ぎますのでテープは継続したままになります。 炭酸ガスレーザーによる施術は最も傷跡が目立たない治療です。 しかしながら、ほくろの除去後の傷跡は完全にはきれいになりません。 ほくろの症状が深い場合には、1度のレーザーの照射では取りきれないこともあります。

ほくろ除去使用されるのはレーザー治療はQスイッチヤグレーザーと炭酸ガスレーザーとの2つです。 CO2レーザーメスとも呼ばれる炭酸ガスレーザーは、小さなほくろや盛上がりのあるほくろの部分に照射します。 除去する場所のほくろにレーザーを照射します。 通常、使用する切除術に比べても肌への影響は少ないです。

ほくろの状況や程度、部位にもよりますが、治療後のダウンタイム、傷が治癒するまでには少し時間がかかります。 1週間以上かかる場合もあります。治療後のアフターケアは特に重要になります 平らな部分のほくろの除去に使用されるのが、Qスイッチヤグレーザーです。 Qスイッチヤグレーザーは、メラニン色素のある細胞だけに反応。正常な細胞には影響がしません。 除去するほくろだけを効率的に除去する事ができる治療法です。

Qスイッチヤグレーザーは、ほくろ以外にも、シミやあざの治療にも使用されますので治療の範囲は広いです。 治療後のダウンタイムは、治療した部分が一部赤くなったり、かさぶたの症状がでます。

ほくろ除去の料金はどのくらい

ほくろ除去にかかる料金や費用は、患者さんのほくろの状態・程度により異なります。 病院や美容クリニックによっても料金が違います。

ほくろの大きさが20mmまでの場合は、1つ3万円程度かかある場合や保険が適用されて1万円前後になる場合があります。 主に、ほくろの大きさにより料金が変わります。 保険の適用がされるか・されないかによっても大きく料金に差が出ます。

上記の金額はあくまでも目安となります。インターネッ上には数多くの情報がありますので、実際にカウンセリング・診察を 受けてみることが大切です

スポンサードリンク
このページのトップへ
イオン導入の効果
フォトフェイシャル 治療法
IP2Lの治療法と効果
IPL治療とフォトフェイシャル治療
サーマークルの治療法と効果
炭酸ガスレーザー治療
アレキサンドライトレーザーの治療
ボトックス注射の効果と副作用
ほくろ除去はレーザー治療
ほくろ取りのレーザー治療
フラッシュ光線治療と効果
顔のしみとり レーザー治療
しみ レーザー治療
塗るボトックスの効果
ニキビのレーザー治療
アファームレーザーとフラクショナルレーザー
にきび跡のクレーター治療法と種類
キュリアレーザー治療と効果
FGFの治療法と効果
フォトリバースの治療法
フラクセル治療の効果
にきび跡のクレーターの症状と治療法
クリアタッチでニキビ治療
にきび跡のクレーターの治療法
フォトRFの治療
サイトンレーザー ニキビ跡の治療
Vビームレーザー治療と効果
AHAピーリング治療と効果
ダブルピーリング治療の効果
ダイヤモンドピーリング治療
ケミカルピーリング治療の効果
クリスタルピーリング治療と効果
プラグピーリング治療法と効果
レチンAの効果
レーザーピーリングの治療法
サリチル酸マクロゴールピーリング治療法
TCAピーリング治療と効果
ウォーターピーリングの治療法と効果
浅層脂肪吸引法の治療
新型の脂肪溶解注射の治療
カーボメッドの炭酸ガス治療の効果
脂肪吸引の仕組みと料金
メソセラピーの治療法の効果・料金!
脂肪溶解注射のモニター
脂肪吸引の失敗
ボトックス注射 多汗症
多汗症の治療と手術
RSSリーダに登録する
RSD / RSS 2.0 / ATOM