スポンサードリンク

IP2Lの治療法と効果

I2PLはフォトフェイシャル(IPL)よりもバージョンアップした治療になります。 IPL治療よりも治療効果が優れてます。 I2PLの特徴は、フォトフェイシャル(IPL)は560〜1200nmの間の光を照射できます。 しかし、1000nm以上の波長域は火傷の原因ともなる波長域になっています。

I2PLではその1000nm以上の波長域をカットして火傷のリスクを抑制して効率よく治療していきます。 さらに、3種のアプリケーターがあります。用途により使い分けていくことができます。 主に若返り用、血管用、脱毛用になります。 また治療時間は短いので、痛みやダウンタイムがほとんどありません。

レーザー治療の様なピンポイントでの照射とは違いますので、顔全体の施術が一度にできます。。 I2PLの良いところ、メリットを書いてきましたが、注意すべきこともあります。 治療前は強い日焼けをしないようにすることです。 火傷の原因となる場合もあります。

治療後は紫外線対策をしっかりと行い、日焼け止めを塗りましょう。 I2PLの治療後には、シミの部分が黒く浮き上がります。 さらに濃いシミの場合では、皮剥けする場合があります。

しみの治療法について

シミとは老人性色素班、日光黒子と医学的に言われたり、呼ばれたりしています。 皮膚の老化は紫外線による刺激によって、メラノサイト(色素細胞)がメラニン(シミの元)をたくさん生成していきます。 それを新陳代謝で追いつかなくなった結果、皮膚に残ったメラニンがシミとなっていくのです。

シミの治療では、Qスイッチレーザーという治療法があります。 この治療にはダウンタイムがあります。ま その他にIPL系の光線治療、トレチノイン(ビタミンA軟膏)、 ハイドロキノン(赤くなり、皮膚炎を起こす場合もあります。) I2PL IPL などのフラッシュ光線系の治療器を使用して、しみ治療をしています。 単発のシミは、I2PLで部分的にある程度強くフラッシュ照射することで、かさぶたも作ることなしに、しみが取れます。

IP2L治療で赤ら顔を治そう

赤ら顔の原因は毛細血管になります。赤ら顔の人は、皮膚に細い毛細血管が多いです。 そのため血管内の血液の色が赤く透けて見えてしまうのです。 これが赤ら顔の原因になります。 赤ら顔の治療はダイレーザー(色素レーザー)ですがまだまだ難しい部分も多いので治りづらいと言われています。

レーザー治療ではダウンタイムがあり 術後の皮下出血様の赤みが、かなりの確立でるようです。 そのため、顔が真っ赤になってしまいます。 I2PL(フラッシュ光線)の設定をうまく調整していきながら 微妙に少しづつ、赤ら顔をうすくしていくような治療をしていきます。。

時間がかかりますが、この方法が赤ら顔治療には良いとされています。 全体的な赤ら顔ではなく、部分的に血管が浮き上がってきたものを毛細血管拡張症といいいます。 これはI2PLで治るそうです。 化粧品で治す方法もあり、治療法としては、ビタミン治療(ビタミンK )を使うと良いそうです。

スポンサードリンク
このページのトップへ
イオン導入の効果
フォトフェイシャル 治療法
IP2Lの治療法と効果
IPL治療とフォトフェイシャル治療
サーマークルの治療法と効果
炭酸ガスレーザー治療
アレキサンドライトレーザーの治療
ボトックス注射の効果と副作用
ほくろ除去はレーザー治療
ほくろ取りのレーザー治療
フラッシュ光線治療と効果
顔のしみとり レーザー治療
しみ レーザー治療
塗るボトックスの効果
ニキビのレーザー治療
アファームレーザーとフラクショナルレーザー
にきび跡のクレーター治療法と種類
キュリアレーザー治療と効果
FGFの治療法と効果
フォトリバースの治療法
フラクセル治療の効果
にきび跡のクレーターの症状と治療法
クリアタッチでニキビ治療
にきび跡のクレーターの治療法
フォトRFの治療
サイトンレーザー ニキビ跡の治療
Vビームレーザー治療と効果
AHAピーリング治療と効果
ダブルピーリング治療の効果
ダイヤモンドピーリング治療
ケミカルピーリング治療の効果
クリスタルピーリング治療と効果
プラグピーリング治療法と効果
レチンAの効果
レーザーピーリングの治療法
サリチル酸マクロゴールピーリング治療法
TCAピーリング治療と効果
ウォーターピーリングの治療法と効果
浅層脂肪吸引法の治療
新型の脂肪溶解注射の治療
カーボメッドの炭酸ガス治療の効果
脂肪吸引の仕組みと料金
メソセラピーの治療法の効果・料金!
脂肪溶解注射のモニター
脂肪吸引の失敗
ボトックス注射 多汗症
多汗症の治療と手術
RSSリーダに登録する
RSD / RSS 2.0 / ATOM