スポンサードリンク

まぶたの脂肪除去の治療法

下まぶたのふくらみがあると、目下のクマのように見えてしまいますね。 目の下のクマのお悩みは年齢を問わずに悩みが多いのが現状です。 目の下のクマは、体質が影響している場合は治療が困難になります。 しかし、眼窩脂肪による膨らみである場合、皮膚のタルミが原因であれば 手術により治療は可能です。

下まぶたがたるんでい場合、下まぶたがたるんで老けて見えてしまう方には、 皮膚に一切傷をつけない、経結膜側脱脂という治療で解消する治療法があります。 この手術は簡単に説明すると、目のクマやタルミのような症状を与えている眼窩脂肪を、下まぶたの裏側から摘出する治療法になります。 手術は、だいたいですが、まぶたの裏側を5mmくらい切開をして脂肪を摘出します。 経結膜脱脂のメリットとして上げられることは、皮膚の外側には、一切傷をつけません。 下まぶたの裏側から原因である脂肪を摘出します。

皮膚側に傷がつかないため、手術当日からメイクができるようになるそうです。 手術後のダウンタイム、腫れなどの症状は目立ちません。 症状の個人差もありますが、だいたい3〜7日間ほど、まぶたが少しまぶたが腫れる症状が続きます。 手術の痛みですが皮膚側を切らない手術になりますので、術後の痛みもほとんどないそうです。
眼窩脂肪の突出によりクマやタルミのように見えている方は経結膜側脱脂法も検討してみてください。

治療を受ける前には、必ず美容外科やクリニックのよる診断・カウンセリングを何度も行い自分に適している治療法を 施してもらうようにしましょう。費用は決して安くはありません。中には高額になってしまう治療もあります。 安易は決断はしないようにしましょう。

下眼瞼切開法につい知りましょう

下眼瞼切開法について簡単にご紹介していきます。 下まぶたのタルミやシワも気になる方・悩んでいる方はとても多いです。 このような症状の解消の治療法として下眼瞼切開法という治療法があります。

まずは、まつ毛の際1mmほどのラインで切開します。次にタルミの原因となっている余った皮膚を取り除いていきます。 最後に皮膚と筋肉を丁寧に縫い合わせて終了になります。

二重まぶたの脂肪除去

一般的には二重まぶたの手術と同時に脂肪除去治療が行われることが多いです。 脂肪除去によりまぶたの脂肪を除去して目元をすっきりさせます。 最近の脂肪除去の治療は切開することなく、小さな穴から脂肪を取ることが可能ですので ほとんど傷跡が残りません。

二重だけど、腫れぼったい二重のために一重に見えてします場合や、 二重まぶたのラインが薄くなったり、消えてしまうような場合 は、上まぶたに含まれる脂肪が多く含まれている場合があり、 脂肪を除去すれば、腫れぼったい二重は解消できます。

スポンサードリンク
このページのトップへ
まぶたの脂肪除去の治療法
イオン導入の効果
フォトフェイシャル 治療法
IP2Lの治療法と効果
IPL治療とフォトフェイシャル治療
サーマークルの治療法と効果
炭酸ガスレーザー治療
アレキサンドライトレーザーの治療
ボトックス注射の効果と副作用
ほくろ除去はレーザー治療
ほくろ取りのレーザー治療
フラッシュ光線治療と効果
顔のしみとり レーザー治療
しみ レーザー治療
塗るボトックスの効果
ニキビのレーザー治療
アファームレーザーとフラクショナルレーザー
にきび跡のクレーター治療法と種類
キュリアレーザー治療と効果
FGFの治療法と効果
フォトリバースの治療法
フラクセル治療の効果
にきび跡のクレーターの症状と治療法
クリアタッチでニキビ治療
にきび跡のクレーターの治療法
フォトRFの治療
サイトンレーザー ニキビ跡の治療
Vビームレーザー治療と効果
AHAピーリング治療と効果
ダブルピーリング治療の効果
ダイヤモンドピーリング治療
ケミカルピーリング治療の効果
クリスタルピーリング治療と効果
プラグピーリング治療法と効果
レチンAの効果
レーザーピーリングの治療法
サリチル酸マクロゴールピーリング治療法
TCAピーリング治療と効果
ウォーターピーリングの治療法と効果
浅層脂肪吸引法の治療
新型の脂肪溶解注射の治療
カーボメッドの炭酸ガス治療の効果
脂肪吸引の仕組みと料金
メソセラピーの治療法の効果・料金!
脂肪溶解注射のモニター
脂肪吸引の失敗
ボトックス注射 多汗症
多汗症の治療と手術
陥没乳頭の治療
豊胸手術のヒアルロン酸注入
RSSリーダに登録する
RSD / RSS 2.0 / ATOM