スポンサードリンク

にきび跡のクレーター治療法と種類

にきび跡のクレーター治療の種類について
にきびをつぶしてしまうと、跡が残る場合もあり、 クレーターのように肌が凹凸になってしまう可能性もあります。 クレーターの症状は浅いものから深いものまであります。 色素沈着などで赤くなっている時もあります。

治療法にはフォトRFやフラクセルなどのレーザー治療などがあります。 一人一人の症状に合わせて治療を行いますので。このほかのレーザー治療を行う場合もあります。 フォトRFは主にシワやシミに適しています。さらに浅めのクレーターにも効果が期待できます。 次世代レーザー治療器といわれるフラクセル治療でも一度だけの治療で完治は難しいので何度か繰り返して治療を行う必要があります。。

この他にもケミカルピーリングなどの治療法もあります。 どの治療法も高い費用になってしまいますので美容クリニックや病院選びの情報収集はしっかりと行うようにしましょう。

にきび跡は専門治療で治療しよう

にきびは皮膚病のうちの一つですので できるだけ皮膚科や美容クリニックによる治療で治すようにしましょう。 にきびの症状が軽ければ、普段のスキンケアなどで予防や治療が可能ですが、 初期の段階から赤にきびに進行した場合にはすぐに適切な治療を受けるようにしてください。

にきび跡ができたり、クレーターができたりすす場合があります。 にきび跡ができたらケミカルピーリングやレーザー治療で治療する必要があります。 クレーター状のにきび跡を治すには時間がかかります。

にきび跡とピーリング治療について

にきび跡のクレーターの治療は皮膚科や美容栗クリニックでの専門の治療が必要です。 クレーターを自分で治すことはひ非常に困難になります。 皮膚科や美容クリニックで行われている治療法をいくつかご紹介します。 有名な治療法といえばピーリング治療になります。

ピーリングは弱い酸で肌をふき取り、古くなってこびりついた角質を除去していき、色素沈着の改善をしていきます。 色素沈着に効果があるのがレーザー治療になります。 レーザー治療の効果で、にきび跡の赤みやシミが改善していきます。 クレーターにはヒアルロン酸の注入の治療法を用いて治療していきます。 この他にもクレーターでへこんでいる部分にヒアルロン酸を注入して、目立たなくするという治療法もあります。 その変わりに、定期的に施術を行う必要があるというデメリットがあります。

スポンサードリンク
このページのトップへ
イオン導入の効果
フォトフェイシャル 治療法
IP2Lの治療法と効果
IPL治療とフォトフェイシャル治療
サーマークルの治療法と効果
炭酸ガスレーザー治療
アレキサンドライトレーザーの治療
ボトックス注射の効果と副作用
ほくろ除去はレーザー治療
ほくろ取りのレーザー治療
フラッシュ光線治療と効果
顔のしみとり レーザー治療
しみ レーザー治療
塗るボトックスの効果
ニキビのレーザー治療
アファームレーザーとフラクショナルレーザー
にきび跡のクレーター治療法と種類
キュリアレーザー治療と効果
FGFの治療法と効果
フォトリバースの治療法
フラクセル治療の効果
にきび跡のクレーターの症状と治療法
クリアタッチでニキビ治療
にきび跡のクレーターの治療法
フォトRFの治療
サイトンレーザー ニキビ跡の治療
Vビームレーザー治療と効果
AHAピーリング治療と効果
ダブルピーリング治療の効果
ダイヤモンドピーリング治療
ケミカルピーリング治療の効果
クリスタルピーリング治療と効果
プラグピーリング治療法と効果
レチンAの効果
レーザーピーリングの治療法
サリチル酸マクロゴールピーリング治療法
TCAピーリング治療と効果
ウォーターピーリングの治療法と効果
浅層脂肪吸引法の治療
新型の脂肪溶解注射の治療
カーボメッドの炭酸ガス治療の効果
脂肪吸引の仕組みと料金
メソセラピーの治療法の効果・料金!
脂肪溶解注射のモニター
脂肪吸引の失敗
ボトックス注射 多汗症
多汗症の治療と手術
RSSリーダに登録する
RSD / RSS 2.0 / ATOM