スポンサードリンク

にきび跡のクレーターの症状と治療法

にきびをつぶしたりしていると、ニキビ跡が残ってしまう場合があります。 そうなってしまうと、クレーターのように肌がでこぼこになります。 このニキビ跡のクレーターの治療にはどのような治療法があるのでしょか。

クレーターの症状には、浅いものから深いものまでさまざまです。 色素沈着などで赤くなってしまい、余計に目立つ場合があります。 浅いクレーターの症状であれば、にきび跡ケアを試したりコラーゲンのサプリメントや ビタミンCのサプリメントの摂取により自然に治っていく場合もあります。

しかし、深いクレーターの症状の場合は皮膚科や美容クリニックによる専門の治療を行っていく必要があります。 個人でのスキンケア予防や治療にはh限界があります。 フォトRFやフラクセルなどのレーザー治療などがあります。 フォトRFは主にシワやシミに効果があります。浅めのクレーターにも効果があるそうです。

クレーター治療に最も効果があるにがフラクセルという治療法になります。 次世代レーザー治療器と呼ばれているフラクセルでも、一度の治療で完治するわけではありません。 クレーターの症状によっては一度の治療で終わることもあると思います。

また、ケミカルピーリングなどの方法もあります。 ケミカルという名前のとうり、薬品によって肌の表面を削り取っていく治療法になります。 肌が真っ赤になってしまう状態にもなりますし、ダウンタイムの時間もあります。 色素が沈着してしまし、肌がくすんでしまうなどのデメリットやトラブルがあります。 専門の治療を受ける場合には、医師とよく相談してから行うようにしてください。

今では、家でケミカルピーリングをしている方もいます。 現在では、小ジワやシミ・ソバカス、にきびに効果的なケミカルピーリングと同じような効果が得られる、 ホームケアセットやピーリング石鹸などがあります。 皮膚科や美容クリニック、病院などで行うケミカルピーリングよりは、フルーツ酸の濃度は低めですが 日常的な手入れには有効とされています。

にきび跡とコラーゲン治療

にきび跡のクレーター治療法はいろいろあります。 レーザー治療によるものでは、コラーゲンやエラスチン注入やヒアルロン酸注入による治療法などがあります。 コラーゲンの生成を活性化させるためですね。

肌の凹凸がなくならず、不十分な場合には直接コラーゲンを注入するという治療法もあります。 効果は一時的なってしまうので、定期的にコラーゲンを注入をしていかないといけないというデメリットもあります。 そのため、ある程度の時間が経つにつれて、にきび跡のクレーターの凹凸が目立つ状態に戻ってしまいます。 このにきび跡のクレーターの症状の程度によって、改善するまでに時間がかかります。 また、美容に関する治療は保険が利かない場合が多いので治療費はどうしても高額になってしまいます。

私たちの皮膚の構造とターンオーバーについて

人間の皮膚はどのような構造をしていて、どのような役割があるのでしょか。 皮膚と呼ばれている部分は、表皮と真皮の二つに分かれた構造をしています。 その厚みは0.4〜1.5ミリ程度と非常に薄いです。 表皮の表面は角質層と呼ばれています。

通常の皮膚細胞が角化の途中や過程で細胞核を失ったものになります。 硬いたんぱく質で出来た細胞で、ブロック状に何層も重なってい構造になります。 皮脂腺から分泌される皮脂に覆われて、皮膚にうるおいと滑らかさを出します。 そのおかげで、外部からの刺激を防ぐことができるのです。

表皮の一番下の基底層には、メラノサイト(色素細胞)が点在しています。 紫外線を浴びると活発化し、メラニン色素をつ作りだします。 この状態が日焼けになります。この表皮全体は、基底層から角質層に向かいます。 20代くらいで、約1ヶ月で皮膚の再生が行われています。(ターンオーバーといいます。) 真皮の方は線維芽細胞という細胞から作られます。 線維と基質の両方からな成り立っている構造です。

線維は、主成分がエラスチンとコラーゲンから出来ています。 皮膚の弾力を保つために、真皮内で網状の構造でクッションの役割をしています。 基質は、線維の間に満たされた水溶性のコラーゲン等の物質で、水分を保持して真皮内の水分を一定に保つ構造です。

表皮部分は外部からの刺激で傷付けられても大丈夫なように 、ターンオーバー機能で皮膚を再生しているのです。コラーゲンが主成分である真皮の方は それを、支えるための水分や養分の補給を、皮膚の弾力を保つ構造です。

スポンサードリンク
このページのトップへ
イオン導入の効果
フォトフェイシャル 治療法
IP2Lの治療法と効果
IPL治療とフォトフェイシャル治療
サーマークルの治療法と効果
炭酸ガスレーザー治療
アレキサンドライトレーザーの治療
ボトックス注射の効果と副作用
ほくろ除去はレーザー治療
ほくろ取りのレーザー治療
フラッシュ光線治療と効果
顔のしみとり レーザー治療
しみ レーザー治療
塗るボトックスの効果
ニキビのレーザー治療
アファームレーザーとフラクショナルレーザー
にきび跡のクレーター治療法と種類
キュリアレーザー治療と効果
FGFの治療法と効果
フォトリバースの治療法
フラクセル治療の効果
にきび跡のクレーターの症状と治療法
クリアタッチでニキビ治療
にきび跡のクレーターの治療法
フォトRFの治療
サイトンレーザー ニキビ跡の治療
Vビームレーザー治療と効果
AHAピーリング治療と効果
ダブルピーリング治療の効果
ダイヤモンドピーリング治療
ケミカルピーリング治療の効果
クリスタルピーリング治療と効果
プラグピーリング治療法と効果
レチンAの効果
レーザーピーリングの治療法
サリチル酸マクロゴールピーリング治療法
TCAピーリング治療と効果
ウォーターピーリングの治療法と効果
浅層脂肪吸引法の治療
新型の脂肪溶解注射の治療
カーボメッドの炭酸ガス治療の効果
脂肪吸引の仕組みと料金
メソセラピーの治療法の効果・料金!
脂肪溶解注射のモニター
脂肪吸引の失敗
ボトックス注射 多汗症
多汗症の治療と手術
RSSリーダに登録する
RSD / RSS 2.0 / ATOM