スポンサードリンク

レチンAの効果


レチンAはレチノイン酸を配合したお肌を若返らせるものです。 レチノイン酸は肌の深くまで浸透していき、コラーゲンを刺激しして新しい肌細胞を作りださせます。 年老いた角質層は押し出され自然に排出されていきます。 本来はにきび跡の治療に使われたりする医薬クリームでした。

それを顔全体に塗り、顔全体をピーリングして、シミやシワを除去していきピーリング剤として使用されるようになりました。 個人差はありますが約1ヶ月くらいで、しわなどの改善効果が表れるそうです。 シミやそばかす・小ジワの減少にも効果が期待できます。

レチンAの使用方法について

レチノイン酸は肌の奥深くまで浸透していってコラーゲンを生成。 レチンAはしみ、そばかすやしわなどにも効果があると言われています。 角質の再生とターンオーバーの正常化を促進させて、にきび跡の改善にも使用されています。

レチンAを使用する場合は就寝前に塗り(肌が薄い目の回りや口の回りは避けます) 朝洗い流します。最初は1週間に1度で1ヶ月程試してみましょう。 調子が良ければ1週間に2回、3回と増やし使用しても良いと思いますが 使用前にパッチテストを腕の内側か、耳の後ろで行って異常が無いか確かめてから使用するようにしましょう。

レチンAのメリット・デメリット

レチンAはしみや、しわ、にきび痕なども改善できる可能性がありますが副作用もあります。 レチンAの副作用としては、肌が赤くなる・ひりひりするという症状を引き起こす方もいます。 肌の体質や個人差もありますので、気をつけなければなりません。 気になるようでしたら、皮膚科や美容整形外科などの医師と相談してみてもらいましょう。

スポンサードリンク
このページのトップへ
イオン導入の効果
フォトフェイシャル 治療法
IP2Lの治療法と効果
IPL治療とフォトフェイシャル治療
サーマークルの治療法と効果
炭酸ガスレーザー治療
アレキサンドライトレーザーの治療
ボトックス注射の効果と副作用
ほくろ除去はレーザー治療
ほくろ取りのレーザー治療
フラッシュ光線治療と効果
顔のしみとり レーザー治療
しみ レーザー治療
塗るボトックスの効果
ニキビのレーザー治療
アファームレーザーとフラクショナルレーザー
にきび跡のクレーター治療法と種類
キュリアレーザー治療と効果
FGFの治療法と効果
フォトリバースの治療法
フラクセル治療の効果
にきび跡のクレーターの症状と治療法
クリアタッチでニキビ治療
にきび跡のクレーターの治療法
フォトRFの治療
サイトンレーザー ニキビ跡の治療
Vビームレーザー治療と効果
AHAピーリング治療と効果
ダブルピーリング治療の効果
ダイヤモンドピーリング治療
ケミカルピーリング治療の効果
クリスタルピーリング治療と効果
プラグピーリング治療法と効果
レチンAの効果
レーザーピーリングの治療法
サリチル酸マクロゴールピーリング治療法
TCAピーリング治療と効果
ウォーターピーリングの治療法と効果
浅層脂肪吸引法の治療
新型の脂肪溶解注射の治療
カーボメッドの炭酸ガス治療の効果
脂肪吸引の仕組みと料金
メソセラピーの治療法の効果・料金!
脂肪溶解注射のモニター
脂肪吸引の失敗
ボトックス注射 多汗症
多汗症の治療と手術
RSSリーダに登録する
RSD / RSS 2.0 / ATOM