スポンサードリンク

サイトンレーザー ニキビ跡の治療


にきび跡は最も困難な治療の1つの症状です。 原因は、にきびをりつぶしたりして悪化してしまうことです。 肌のクレーターは改善するのに長い時間を要する場合もあります。 現在ではにきび跡治療に対していろいろな治療法があります。 各、治療法には、一つ一つに長所と短所があります。

にきび跡の治療をする場合には、にきび跡の症状がどれくらいの程度なのかを把握してから治療を行っていきます。 治療法には、いろいろな治療法があります。 アファーム(フラクショナルレーザー)は、年齢を重ねるごとに、ダメージを受けた皮膚を新しい皮膚に入れ替えます。 また、シミ、シワ、たるみなどの肌を治していく治療法です。

サイトンレーザーは、マイクロレーザーピール、アークティックピール、サーマスキャン、 BBLなどのレーザーと光エネルギーで肌の改善していく複合機になります。 アメリカのトップ形成外科医の間では、キング・オブ・レーザーと言われています。 Eライト治療では、フォトRFオーロラSR、フォトRFオーロラアドバンスSRA、 フォトRFリファームSTなどの治療ができる複合機になります。

高周波や光エネルギー、赤外線の複合ケアで 、肌深部に働きかけてシミ、シワ、たるみなどを改善していきます。 ケミカルピーリング治療では、各種の酸を肌に塗布していき、古い角質を取り除いていく治療法になります。

イオン導入治療では、イオンの極性を利用していきます。 ビタミンCをはじめとして、にきびに効果的な各種美容成分を肌の奥まで届ける治療法。 いろいろなにきび治療法がありますが、自分の症状に合った治療法を選択して治療することが大切です。

サイトンレーザー治療のダウンタイム

これまでのクレーター治療は手術方式でしたが、 サイトンレーザーによるアブレージョンならお肌の回復期間も半分程度になります。 出血がほとんどなく、カサブタも出来ないので、すぐにお仕事ができます。

サイトンレーザーは、アメリカで人気のある美容治療方法として知られています。 しわやたるみに対して効果のあるものから、 サイトンレーザーアブレーションと呼ばれる皮膚を滑らかにするために削り取っていくものまであります。 サイトンレーザーは、にきび跡の治療に効果があります。

肌がクレーター状になっている場合でも正確で、均一の深さで、皮膚を削り取っていくことができます。 サイトンレーザーは日本の美容外科でも使用できるところが増加しています。 すぐにお仕事に戻らないといけない場合では、ダウンタイムが少ない治療を選んで治療をしていかなければなりません。 長い期間の時間が取れる場合は、麻酔を必要とするマイクロレーザーを使用した治療法を選んだりしても良いかも知れません。

サイトンレーザー治療

サイトンレーザーはにきび跡やクレーターになっている部位を削り取っていくことができますが、 治療後のダウンタイムは必要になります。 にきび跡やクレーター治療に効果があるサイトンレーザー治療でも、 場合によっては他の治療法が向いている場合もありあます。 にきび跡の治療法にもメリット・デメリットがあります。 皮膚科や美容皮膚科の医師とよく相談や診察を行ってから治療を行うようにしていきましょう

スポンサードリンク
このページのトップへ
イオン導入の効果
フォトフェイシャル 治療法
IP2Lの治療法と効果
IPL治療とフォトフェイシャル治療
サーマークルの治療法と効果
炭酸ガスレーザー治療
アレキサンドライトレーザーの治療
ボトックス注射の効果と副作用
ほくろ除去はレーザー治療
ほくろ取りのレーザー治療
フラッシュ光線治療と効果
顔のしみとり レーザー治療
しみ レーザー治療
塗るボトックスの効果
ニキビのレーザー治療
アファームレーザーとフラクショナルレーザー
にきび跡のクレーター治療法と種類
キュリアレーザー治療と効果
FGFの治療法と効果
フォトリバースの治療法
フラクセル治療の効果
にきび跡のクレーターの症状と治療法
クリアタッチでニキビ治療
にきび跡のクレーターの治療法
フォトRFの治療
サイトンレーザー ニキビ跡の治療
Vビームレーザー治療と効果
AHAピーリング治療と効果
ダブルピーリング治療の効果
ダイヤモンドピーリング治療
ケミカルピーリング治療の効果
クリスタルピーリング治療と効果
プラグピーリング治療法と効果
レチンAの効果
レーザーピーリングの治療法
サリチル酸マクロゴールピーリング治療法
TCAピーリング治療と効果
ウォーターピーリングの治療法と効果
浅層脂肪吸引法の治療
新型の脂肪溶解注射の治療
カーボメッドの炭酸ガス治療の効果
脂肪吸引の仕組みと料金
メソセラピーの治療法の効果・料金!
脂肪溶解注射のモニター
脂肪吸引の失敗
ボトックス注射 多汗症
多汗症の治療と手術
RSSリーダに登録する
RSD / RSS 2.0 / ATOM