スポンサードリンク

浅層脂肪吸引法の治療

脂肪吸引で吸引する脂肪とは皮膚と筋肉の間にある、 皮下脂肪で薄い境界膜により浅層と深層の2層に別れています。 浅層脂肪には細い血管や神経がたくさん通ています。主にダイエットで減らすことができる部分になります。

しかし、深層脂肪には血管や神経が少ないので脂肪も燃焼されにくいです。 そのため、いったん増えてしまうとダイエットで落とすのに苦労がかかります。 浅層脂肪は全身に均等に存在しています。深層脂肪は全身に均等に存在しているわけではありません。 特に女性の場合は下半身、下腹部、腰周り、お尻の下、太ももに特に多い傾向があると言われています。

浅層脂肪吸引法

浅層脂肪吸引法とは浅い層の脂肪吸引を行う治療法になります。 従来の脂肪吸引法では皮下脂肪の深部脂肪吸引をするだったわけですが、 1991年にイタリアのGasparottiが提唱した浅層脂肪吸引 は皮下脂肪の浅い部分を吸引するという画期的な出来事でした。 皮下脂肪の浅い部分を脂肪吸引をして何か意味があるのでしょうか。

浅層脂肪吸引法にはいくつかのメリットが存在します。 脂肪吸引することで皮下脂肪が低下して、皮膚のたるみが起こるのを抑えることができます。 浅層脂肪吸引法にはこのようなメリットがあります。 逆に脂肪吸引のデメリットとしては、脂肪吸引後に皮膚がたるんでしまう可能性があります。 美容整形クリニックも皮膚のたるみに合わせて脂肪吸引を行ってくれますが、 どうしても、皮膚の弾力には個人差が出てくると思います。 脂肪吸引の治療を受けるときには、美容整形外科やクリニックの医師とよくカウンセリング、相談をして 治療のメリット・デメリットについて確認しておくことが大切です。

従来は深部の皮下脂肪のみを脂肪吸引すると、 皮膚の重さによってたるみを生じることがあったそうです。 浅層脂肪吸引法により、皮膚表面に近い部分の脂肪を減らして皮膚の重量を少なくできます。 こうすることで、たるみにくい脂肪吸引を行うことができます。

浅層脂肪吸引術のポイントについて

浅層脂肪吸引術のポイントには均一な脂肪吸引が可能です。 浅層の脂肪吸引では慎重な治療計画と繊細な治療が必要不可欠になります。 不均一な脂肪吸引の治療の場合では、皮膚表面に凹凸が出来やすくなります。 美容整形外科の医師の技術や経験によって大きく左右します。

また、浅層脂肪吸引法は皮下脂肪が厚く従来の脂肪吸引では、たるみが生じやすいと 考えられる部位を治療をすることが多いようです。 中高年や下垂を起こしやすい下腹部、には浅層脂肪吸引法が適している治療法といえます。

スポンサードリンク
このページのトップへ
イオン導入の効果
フォトフェイシャル 治療法
IP2Lの治療法と効果
IPL治療とフォトフェイシャル治療
サーマークルの治療法と効果
炭酸ガスレーザー治療
アレキサンドライトレーザーの治療
ボトックス注射の効果と副作用
ほくろ除去はレーザー治療
ほくろ取りのレーザー治療
フラッシュ光線治療と効果
顔のしみとり レーザー治療
しみ レーザー治療
塗るボトックスの効果
ニキビのレーザー治療
アファームレーザーとフラクショナルレーザー
にきび跡のクレーター治療法と種類
キュリアレーザー治療と効果
FGFの治療法と効果
フォトリバースの治療法
フラクセル治療の効果
にきび跡のクレーターの症状と治療法
クリアタッチでニキビ治療
にきび跡のクレーターの治療法
フォトRFの治療
サイトンレーザー ニキビ跡の治療
Vビームレーザー治療と効果
AHAピーリング治療と効果
ダブルピーリング治療の効果
ダイヤモンドピーリング治療
ケミカルピーリング治療の効果
クリスタルピーリング治療と効果
プラグピーリング治療法と効果
レチンAの効果
レーザーピーリングの治療法
サリチル酸マクロゴールピーリング治療法
TCAピーリング治療と効果
ウォーターピーリングの治療法と効果
浅層脂肪吸引法の治療
新型の脂肪溶解注射の治療
カーボメッドの炭酸ガス治療の効果
脂肪吸引の仕組みと料金
メソセラピーの治療法の効果・料金!
脂肪溶解注射のモニター
脂肪吸引の失敗
ボトックス注射 多汗症
多汗症の治療と手術
RSSリーダに登録する
RSD / RSS 2.0 / ATOM