スポンサードリンク

多汗症の治療と手術

多汗症の治療にはいろいろな方法があります。超音波治療から外科治療、エステ治療などさまざまです。 ワキガや多汗症治療として最先端の技術で治療を施すのが超音波法になります。 治療法としては、脇下の皮膚を小さく切開し超音波発生器を挿入。 超音波の振動で汗腺類を破壊させ吸引していきます。

気になるのは傷跡やダウンタイムだと思いますライフスタイルに影響がでるのでは?と 思われがちですが、傷跡はほとんど残しません。手術の治療時間 も約30分くらで終わりますので手術後の回復も早いので日々の生活に影響は与えません。 超音波を使用することで、血管などを傷つけません。また、わきが・多汗症の再発がありません。

最新治療法は高価な機器を使いますので、すべての美容外科や病院で受けられるわけではありません。 今後は普及どんどん普及していく可能性があります。

皮下組織吸引法という治療法があります。 腹部などの脂肪を吸引して引き締めるという治療法。ダイエット法として知られていsて、これを 応用した治療法が、わきが治療に使われる皮下組織吸引法になります。

治療法としては、脇下皮膚に小さな穴を開けます。そこから細い管を通しそこから汗腺類を吸い取る。 気になる傷跡ですが、ほとんど残りませんし回復も早いです。

皮下組織掻爬法(ひかそしきそうはほう)の治療について

皮下組織掻爬法の治療法と。 脇下に小さな切開を施し、その穴からスプーン形をしたキューレットと呼ばれる術器を挿入して、 汗腺類汗腺(アポクリン腺・エクリン腺)を掻き出す治療法です。になります。

この治療法のメリットとしては、皮膚の切開が少なく、手術痕が小さく目立ちにくいです。 また、ほとんど皮膚を切らないために傷跡は残りません。

デメリットとしては、アポクリン腺を完全に取り除くことは困難になります。 汗腺周辺の皮下組織を傷つけててしまうことがありますので、 比較的、術後の回復が遅くなります。

剪除法と切除法

剪除法(せんじょほう)の治療法は脇下に切込みを入れ皮膚を裏返しにします。 そこからアポクリン汗腺を一つ一つ切り取っていく治療が剪除法になります。 切除法と違い皮膚の引きつり感はありませんが傷跡は残ります。 アポクリン汗腺を一つ一つ丁寧に除去していきますのでわきがには効果的ですが、 医師の熟練の技術も求めらる外科治療になります。

エクリン汗腺はアポクリン汗腺よりもはるかに小さく、 皮膚表面に最も近い位置に存在するために皮膚を切開し裏返しても見えにくいです。 そのため多汗症を軽減することは、ほとんど不可能です。

わきがや多汗症治療として最も古い治療法が切除法になります。
脇下の毛が生えている一帯の皮膚を切り取りますので、汗腺類と脇毛をすべて除去します。 わきがの原因を全て除去することが可能です。

デメリットとしては切除範囲が広いために、周りの皮膚を引っ張りながら寄せ集める縫合となります。 よって傷跡が大きい点が上げられます。 手術後のダウンタイムも、個人差にもよりますが、約2週間くらいはかかると言われています。 治療を受ける前には医師との相談・カウンセリングをし、治療のメリット・デメリットを把握することが 大切です。

スポンサードリンク
このページのトップへ
イオン導入の効果
フォトフェイシャル 治療法
IP2Lの治療法と効果
IPL治療とフォトフェイシャル治療
サーマークルの治療法と効果
炭酸ガスレーザー治療
アレキサンドライトレーザーの治療
ボトックス注射の効果と副作用
ほくろ除去はレーザー治療
ほくろ取りのレーザー治療
フラッシュ光線治療と効果
顔のしみとり レーザー治療
しみ レーザー治療
塗るボトックスの効果
ニキビのレーザー治療
アファームレーザーとフラクショナルレーザー
にきび跡のクレーター治療法と種類
キュリアレーザー治療と効果
FGFの治療法と効果
フォトリバースの治療法
フラクセル治療の効果
にきび跡のクレーターの症状と治療法
クリアタッチでニキビ治療
にきび跡のクレーターの治療法
フォトRFの治療
サイトンレーザー ニキビ跡の治療
Vビームレーザー治療と効果
AHAピーリング治療と効果
ダブルピーリング治療の効果
ダイヤモンドピーリング治療
ケミカルピーリング治療の効果
クリスタルピーリング治療と効果
プラグピーリング治療法と効果
レチンAの効果
レーザーピーリングの治療法
サリチル酸マクロゴールピーリング治療法
TCAピーリング治療と効果
ウォーターピーリングの治療法と効果
浅層脂肪吸引法の治療
新型の脂肪溶解注射の治療
カーボメッドの炭酸ガス治療の効果
脂肪吸引の仕組みと料金
メソセラピーの治療法の効果・料金!
脂肪溶解注射のモニター
脂肪吸引の失敗
ボトックス注射 多汗症
多汗症の治療と手術
RSSリーダに登録する
RSD / RSS 2.0 / ATOM